男根増大時の自傷行為について

男性の中で、包茎で、ペニスが小さく女性とのセックスの時に早漏で満足させることができないという悩みをインターネットの書き込みなどで目にします。
ペニスの増大に憧れを持ち、様々な方法でペニスを大きくしようと日々努力している方も多いでしょう。
男根増大には大きく4つの方法があります。
外科的手術、ペニス増大マッサージ、ペニス増大サプリメント、ペニス増大器具です。
一番効果があり手早く大きくすることができるのは外科的手術です。
しかしほとんどの男性は手術をすることなく、安全に男根増大をさせたいと思っています。
次に効果があるのは、ペニスサプリメントとマッサージの混合法です。
ペニス増大サプリメントを服用しながら、マッサージを行い、時間をかけてゆっくり大きくするという方法です。
この方法は体にも優しく、安心して増大を図ることができます。
ペニス増大器具については、様々な見解があります。
特によく使用されているのが、ペニス増大ポンプです。
これはシリンダーの中にペニスを挿入し、ポンプで真空状態を作り、吸引して増大を図るというものです。
この方法は確かに効果がありますが、人によっては吸引の度合いが強くなりすぎて、亀頭に水ぶくれができたり、真っ赤に腫れ上がったりしてしまいます。
このような自傷行為でペニスを傷つけてしまうのは大変危険な行為ですので、なるべくなら避けたほうが良いでしょう。
勿論、吸引の力を弱めて、自分に合った強さで使用するならば、危険性は低くなります。
しかし、器具の使用を誤ってしまうと、男根増大を図るどころか、ペニス自体が傷ついて勃起時に痛みを生じたり、最悪の場合は性行為自体が不可能になってしまう場合があるので注意が必要です。
男根増大を図って、性生活を満足させるために自分に合った方法を選ぶようにしましょう。